まずはこれを知っておこう!旅行で使える超簡単な英会話集3(タクシー、ホテルでの英語)

こんにちは!ranaです。

今日は、旅行で使える簡単な英会話集、第三弾!!

「英語を義務教育で散々やったけど、話せない…。」

「旅の英会話集全部覚えるのは無理!」

「とりあえず、最低限の英会話ってどんなもの?」

という方に向けて、お届けします!

もちろん、覚えられなくても大丈夫!

使いそうなものを事前にメモしておいて、実際に話す際にそのメモを見ながら話したり、あるいは、そのメモ自体を見せてしまってもOKなのです!

英語に全く自信がない…。

という方は、以下の記事も参考にしてみてくださいね!

これら方法を駆使することにより、あなたの旅がストレスなくスムーズになり、通じ合えることの楽しさを実感できると確信しています。

というわけで、事前に頭に入れて置いたほうが便利な表現~タクシー・ホテル編です。

それから、この記事の終わりのほうに、英語の聞き取りのポイントも記載していますので、あわせてご確認くださいね!

そちらを実行していただくと、英語が不思議なくらい聞き取れるようになります!お楽しみに!!

記事を読む前に【応援ボタン】を押してくれると、とっても嬉しいです!!

↓こちら↓


海外旅行ランキング

タクシーを呼んでもらう。タクシーに乗る。

ホテルでチェックアウトした後、タクシーで空港に行きたい、などという場合があると思います。

そんな場合は、チェックアウト時にフロントで、

”Could you call me a taxi?” (タクシーを呼んでください)

と頼んでみましょう。

タクシーに乗った後、目的地を伝える際は、以下。

”To 〇〇〇, Please.” (○○○までお願いします)

○○〇に目的地、the airport/Paddington Stationなどを入れましょう。

タクシーを停めて降りたいとき。

”Could you stop here, please?” (ここで停めてもらえますか?)

”I’ll get off here.” (ここで降ります。)

降りる際は、チップを含んだ料金を支払います。

急いでいるときや、お釣りの分をチップとしたいときは、以下。

”Keep the change, please.” (お釣りは取っておいてください)

また、運転手の方がお釣りを渡そうとしてきたときに、

“That’s for you.”  

または単に

”For you.”  

と言うこともできます。

ホテルのチェックイン・チェックアウト

チェックイン

チェックインのときは、ホテルのフロントの言う言葉も頭に入れて置きましょう。

相手相手

“Hello. How can I help you?”


あなたあなた

“Hello. I’d like to check in. This is my voucher.”(チェックインしたいのですが。)<ホテルバウチャーを提示する>


相手相手

“May I see your passport?”(パスポートの提示をお願いします。)


あなたあなた

“Yes. Here you are.”(はい。こちらです。)<パスポートを渡す>

相手相手

“OK. Could you fill out the registration card?”(宿泊カードに記入をお願いします。)


あなたあなた

“All right.”(わかりました。)

相手相手

“Thank you. Could I have your credit card for the deposit?”(デポジット※として、クレジットカードの提示を致します。)


あなたあなた

“Yes. Here you are.”(はい。こちらです。)<クレジットカードを渡す>

相手相手

“Thank you. Your room number is 815, here is your room key.”(あなたの部屋は815号です。こちらが部屋の鍵です。)<キーを渡す>


あなたあなた

“Thank you.”

※チェックインの際は、ホテル施設を利用するにあたり(ものを壊してしまったりしたときなどのための)保証金としてデポジット・預り金を徴収するために、クレジットカードの提示が求められます。

チェックアウト

チェックアウトは、手続き的にはそれほど大したことはありません。

あなたあなた

“Hello. I’d like to check out.”(ホテルバウチャーを提示する)


相手相手

“OK. Did you have anything from mini-bar?”(ミニバーから何か召し上がりましたか?)


あなたあなた

(何も飲んだりしていないときは)“No.”(いいえ)(ビールを飲んだりしたときは)“Yes, I had a bottle of beer.”

チェックアウトのあと、空港や次の移動までに時間があり、荷物を預かってほしいときは、以下のように頼んでください。

”Could you keep my luggage until five?” (5時まで荷物を預かってもらえますか?)

”Could I leave this with you until five?”(5時までこれを預かってもらえますか?)

ホテルで困った時に。フロントで聞きたいこと。

困った時や知りたいことなど、よく使いそうな英語をまとめてみました!

Wifiのパスワードを知りたいとき。

“I’d like to know the Wifi password.” 

鍵を部屋に忘れて、入れなくなったとき。(これ、意外とやってしまいます…)

“I left my key in the room, so I’m locked out.” (部屋に鍵を置いてきて、締め出されました。)

レストランを探しているとき。

”Is there 〇〇〇 restaurant around here.” (この辺りに○○〇のレストランはありますか?)

○○〇は、an Italian/a Chinese/a Japanese/an organicなどを当てはめてください。

何かほしいとき、便利な”I’d like ○○〇.”

何かほしいときは以下のように言ってみましょう!

”I’d like ○○〇.” (○○〇がほしいのですが)

○○〇には、以下のようなほしいものを入れましょう。

Some more towels(追加のタオル)

Some toilet paper(トイレットペーパー)

Some soap(石けん)

英語の例文の発音がわからない、そんなときは。

これまで、いくつか例文をあげてきました。

そこで、

「実際、どうやって発音するの?」

と、思われた方がいらっしゃるかと思います。

また、相手が言うセリフなどは、カタカナ英語でイメージしていると聞き取れないということもあります。

事前に英語らしい発音はどんなものか聞いておくと、相手の英語を聞き取りやすいです。

キーになる単語や例文について、英語の発音を確認する方法をお伝えします。

英語の例文の発音を聞く方法

それでは、一緒にやってみましょう!

発音を知りたい英文をコピーしてください。

Google翻訳」を開き、「テキストを入力」欄に、先ほどコピーした英文をペーストします。

英文をペーストしたら、その右にある「→」をタップしてください。

最後に「スピーカー」マークをタップ。これで英文の発音が聞けます。

如何ですか?単語一つ一つを発音するのではなく、前の単語の子音にその後の母音がくっついていますよね!

"What is〜"は、『ワット イズ』ではなく、『ワリズ』に近い音に聞こえたかと思います。

こういう連なりの発音に事前に親しんでおくと、いきなり聞くのと違って、聞き取りやすくなります。

英単語の発音を聞く方法

次は、聞き取りのキーとなる単語の発音をチェックしてみましょう!

Googleの検索画面です。入力欄をタップします。

発音を知りたい英単語を入力して、検索ボタンをタップしてください。

スピーカーのアイコンをタップしますと、発音されます。

如何でしたか?

相手の言うことも、一字一句聞くのではなく、キーになる単語を覚えておくと、そのシチュエーションにより、だいたい意味を把握できます。

今回ですと、チェックインの際、“Could I have your credit card for the deposit.”(デポジットのため、クレジットカードの提示をお願いします)という文がありましたが、

“credit card”や“deposit”とか言っているな…

が聞き取れれば、チェックインというシチュエーションから想像して、

クレジットカードを提示すればいいんだな!

ということが導き出せるというわけです。

母国語である日本語での会話も、実際は一から十の単語を拾っているわけではなく、キーになる単語を聞き取って、頭の中で補完しながら聞いています。

英語になると、キーになる単語が聞き取れないことが多いので、

全然会話についていけない!

と思ってしまうわけです。

なので、キーになる言葉さえ聞き取れて、想像が出来れば、案外言っていることが簡単に把握できるようになります。

上記で、 “credit card”や“deposit” をキーとしてあげたのは、

“credit card” って単語が聞き取れなかった…

という話を結構聞くからです。

でも、一回聞いておけば、

こんな風にきこえるのか。なるほどね!

と、頭にインプットされるので、事前に発音をチェックするのはおすすめです!

これくらいで、案外相手の話している英語の内容って聞き取れるものなので、是非やってみてくださいね!

あなたの旅がより楽しく、スムーズで快適になりますように。

それでは、また!

※追伸※

他にも、街歩きでの簡単英会話や、シチュエーション別の詳しい英会話をお届けする予定ですので、また見に来てくださいね!

次回もお楽しみに♬

☆☆☆

参考になった!という方は【応援ボタン】を押してくれると、とっても嬉しいです!!

↓こちら↓


海外旅行ランキング