旅先で気をつけることって?~リスクを最小限にして旅を楽しむ方法!!【自己防衛編】

こんにちは!ranaです。

前回の貴重品管理編でお伝えしたように、

旅先での危険を回避することは、旅を楽しむために必須スキル!!

ということで、旅先で気をつけることシリーズ、第二弾!

今日は、自己防衛についてお話したいと思います。

 

記事を読む前に【応援ボタン】を押してくれると、とっても嬉しいです!!

↓こちら↓


海外旅行ランキング

 

とにかく危険な場所には行かないこと!

行ってみたいところでも、危険がある間は行かない

一番に頭に叩き込んでほしいことがあります。

それは、

「危ないと言われているところには行かない!」

という鉄則です。

以前、「はじめに旅行先を決めよう」の記事でもお伝えしましたが、

危険な国にはいかないようにしましょう。

その国や地域が安全かどうかは、以下のサイトを必ず確認するようにしましょう。

 ❏外務省 海外安全ホームページ
  https://www.anzen.mofa.go.jp/

また、ニュースなどで、デモが行われているところなど、社会情勢が不安定なところは避けるようにします。

現時点で危ない場所も、また落ち着けば行けるようになりますので、今回は見送り次回以降、治安が良くなったときに訪れましょう。

旅行する際には、その行き先のガイドブックを見ると、どこが危険かという情報が載っているので、必ず確認するようにします。

怖いもの見たさで、行ってはいけません!

自分の身の安全を確保するための最低限の注意事項ですので、必ず守ってください!!

一般的に、危険な場所って?

暗く人気(ひとけ)のない場所は避ける

まずは、人混み…市場や、シーズンの観光スポットなど、人が溢れている場所は、スリなどに遭いやすい場所です。

そうした場所では、貴重品等には細心の注意を払います。※1

それから、夜はいろいろな犯罪があります。ガラの良くない人たちがうろつく場所もありますし、絡まれたら大変です。

私の家族は、 学生時代に夜危ないと言われてる場所(パリのとある駅付近)を、友達数人(全員男性)と歩いていたら、ガラの悪い集団に、仲間かと思って声を掛けられたとか…汗

とっさに睨みつけ、相手の集団が怯んでいるうちに足早にその場を去り、その集団が視界に入らなくなった瞬間に全力疾走して逃げたということです。

絶対に真似してはいけません!!(いませんよね、こんなことするなんて…)

ですが、何かあったら、相手のスキをついて、素早く逃げる!!というのは、ポイントではあります。

夜は、犯罪の温床である裏路地には、行かないようにしましょう!※2

※1:貴重品管理については以下にまとめています。

※2:夜は全てだめだ、というわけではありません。比較的安全なところもあります。気を抜かなければ、コンサートなどで遅くなっても、電車でホテルへ戻れるようなところもあります。

初対面の人に気を許さない!!

不用意に見知らぬ人について行ってはいけない

旅先で出会う多くの人達。その人達との会話もまた、旅の楽しみの一つ。

でも、全員がいい人ではない、ということを頭に入れておきましょう。

街なかで声を掛けられて、食事やカフェに誘われても、不用意についていってはいけません。

睡眠薬で眠らされて、そのまま誘拐される…という重い事件から、お金を盗られた…ということが起きているという現実があります。

危ないなと思ったら、相手にせず、立ち去りましょう。

また、安易にホテル名や部屋番号などを教えてはいけません。

あなたを追跡できる情報を、見ず知らずの人に与えないということも、己の身を守ることの一つの方法です。

ホテルでも気を抜かないように!!

開けちゃだめ!

ホテルなら安心だろう!と、思ってしまいがちですが、海外では気を抜かないようにしてください。

ホテルの部屋のドアを不用意に開けてはいけません。

訪ねてくる人がいる場合は、別ですが、それでもホテルの入口でセキュリティチェックや、顔認証があるわけではありません。

のぞき穴から確認し、知らない人なら無視です!

のぞき穴がなければ、ドアチェーンを掛けて、ドアを少しだけ開けて確認します。

ルームサービスを頼んでなければ、誰か来る予定でもない限り、ドアは開けない方が無難です。

あまり気にしすぎると疑心暗鬼になりそう!と思いますが、ここは自分自身の安全のため、と思って、用心に用心を重ねてください。

疲れたら十分に休息をとることの必要性とは

休息して回復すると、元気になって余裕が生まれる

旅はとても楽しく、ついつい遊び過ぎて、気がついたらヘトヘトに。。。というときは、一旦しっかり休息をとるようにしましょう。

“無理はしないこと”

これが、旅を楽しむためのコツです。

旅の途中で、

疲れた…

と、思ったら無理せず、予定を切り上げてしまいましょう!

旅は、何かのノルマをこなすように、頑張って予定を消化するものではなく、あくまでもあなたが、あなたのペースで楽しむものです。

計画した予定を全て完了すると、達成感はあるんですけどね…。

旅の中間あたりに、軽めの日程を入れておくと、ついつい詰め込みがちな予定をこなそうとして、疲れてしまう時期に、納得して休むことが出来ます。

この日の午後は早めにホテルに戻る…とか、お昼近くになったら動き出す、など。

しっかり休んで元気いっぱいだと、頭も冴えているし、判断力も鈍りません。

集中力があり、注意力も増すので、危険にも遭いにくいのです。

自分の体調管理も、安全を確保して、旅を楽しむコツの一つです。

 

いかがでしたでしょうか?

私は、ほぼ毎回のんびりゆったりな一人旅♪そんな私の旅行記は、こちら

☆☆☆

参考になった!という方は【応援ボタン】を押してくれると、とっても嬉しいです!!

↓こちら↓


海外旅行ランキング